日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

飲み会イベント幹事のコツ

わいわい友人や会社の仲間と集まっての飲み会はとても楽しいですよね。
飲み会に欠かせないのが幹事です。幹事のセンスや力量によって、飲み会の盛り上がりが決まるといっても過言ではありません。
そんな幹事役に自分が指名されたら?あなたはみんなが喜ぶ飲み会を開く自信がありますか?
ちょっとしたコツで飲み会の幹事の仕事をビシッと決めることができます。一緒にコツを掴んでみませんか?

会場選び

会場選びは飲み会をする上でとても重要です。ワイワイ過ごしたいのでしたら、周りに気を使わずに済む個室のある和風居酒屋がいいですし、合コン・コンパをするならおしゃれなレストランなど、会場選定は宴会の成否を決めるポイントです。
お店の雰囲気が合わないと、せっかくの場も盛り上がりに欠けてしまいます。
予算、人数をしっかり把握して、上手に会場をプロデュースすれば、幹事の評価は上がります。

事前に下見をする

自身の行きつけのお店で飲み会を開ければ一番ベストですが、実際は初めて行くお店で飲み会を開くことのほうが多いものですよね。
初めてのお店は事前に下見をすることが欠かせませんので、手間を惜しまずいろいろなお店を調べてみましょう。お店の人と仲良くなっておくとお得だったりしますよ。
できれば、事前にお店に名刺を渡しておきましょう。当日飲み会に携わってくれるスタッフとお話ができればなお良いですね。飲み会の趣旨や、主役は誰なのか、出し物などをする際はその、詳細についても伝えておくようにしましょう。
当日、シェフや女将さんなどが挨拶に来てくれるようならこの上ありませんね。

飲み会の告知

飲み会の参加の告知はまず日時を伝えることから始めてください。まだ細かいことが決まっていなくても、開催日時を伝えてまずは予定を押さえてしまうのが一番です。
宴会を盛り上げるためにも、主役の方には出席の確約をすることをお忘れなく。当日主役なしの飲み会では集まってくれる他の人が肩すかしにあってしまいますからね。
会場など詳細が決まりましたら、会場、費用、出し物の内容などを告知します。
会費はいくらでどんな場所でやるのかは参加者にとっては気になるところです。漏れがないように伝えましょう。

出席表作り

会社や大学の飲み会など、参加者が同じ場所に集まる機会がある場合は、出席表を作りましょう。
参加者の所属、名前、参加の可否などを記入出来るようにしておきます。出席表は会費の徴収チェックにも役立ちますよ。

幹事は任されるとなかなか当日まで気が抜けないものですが、コツを掴んで飲み会を成功させれば、自身の株を上げるチャンスです。
どうぞご参考になさってください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます