日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの機種で遊び機能が多いのは?

カラオケは歌って、それを採点してもらうもの、といった認識はもはや古いのかもしれません。
採点機能以外にも、さまざまな機能を取り入れることで、歌の可能性を広げることができます。
今回は、主にJOYSOUNDの、「JOYSOUND f1」と「CROSSO」を取り上げます。

DAMは、遊び機能が少ない

DAM系列の機種は、その音質、大衆ソングの収録曲数、PVなど、視覚聴覚においての
質が高いことで知られるものの、特殊な機能といえば、
USB端子に、写真メモリーを保管したものを挿入して、
カラオケ画面に自分の保管した写真を背景にできることぐらいしかありません。
しかし、遊び要素を使わない方にはこちらの機種が適切とも言えます。

JOYSOUNDには遊び機能が満載

・「お店でフォト撮影」
店で遊んだ記念で部屋を背景にみんなで写真撮影ができます。
久々に会った友達や、合コンやサークルの仲間の付き合いで行ったときに
提案してみてはいかがでしょうか。

・「コメントポン」
これは、「ニコニコ動画」のコメント機能のように、
ディスプレイ上に自分のコメントをリアルタイムで出力できる機能です。
歌のリアクションや、合いの手をコメントを使って伝えると、
歌の邪魔になりません。

・「コラボ動画とアバター作成」
これがJOYSOUNDの一番の遊び要素でしょう。
自分を表すキャラクター(アバター)をオリジナルで作成できます。
さらに、他の方がコラボ用に撮影した映像と、自分が歌った映像を
同時に発表できるコラボ動画によって、
見ず知らずの人と歌を通して繋がれます。
ユニットソングやデュエット曲を一人で歌ったときに、
同じ曲を歌った人の動画を探して、「パートナー」を見つけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます