日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

コミケで初めてサークル参加するコツと心得

コミケは夏と冬の2回行われる、国内でも大型の有名イベントです。
外国人参加者も多く、世界から注目を集めるものですね。
このコミケにサークルとして参加する場合の心構えやコツを紹介していきます。

お客さんはいない

コミケでは「お客」という概念はありません。
サークルもスタッフも来場者も、全員が「参加者」なのです。
参加者の協力で成り立つイベントなので、もてなされるのではなくイベントを成功させるために皆が居るのだと意識しましょう。
自分も参加者としてその場にいることを念頭に入れて、協力するという気持ちを持っておきましょう。

事前準備

コミケでは、サークル参加を申し込むと「コミケットアピール」という注意書きが渡されます。
この中にはマナーや禁止行為など、参加者が知っておくべき最低限のルールが記載されています。
熟読して違反しないようにしたいところですね。
また、開催日前日の設営は、基本は参加自由。
積極的に参加することでコミケの成功につながるため、可能であれば是非参加しておきましょう。

サークル参加の心得

ブースが決まったら隣で参加しているサークルへは挨拶をします。
なにか困ったことがあったら助け合うこともできますので、自分から挨拶をしておきましょう。
来場者への配慮としてはコルクボードなどに自分のサークルのことを書いておくと親切です。
ブースが多いので迷わせないよう、また興味を引くようにしておくといいですね。
スタッフの支持に従うことも忘れずに。
開催期間中は1日に3回、「一斉点検」が行われます。
サークルメンバー全員で取り組みましょう。

意外と盲点なのは、次回参加の申し込み。
夏コミと冬コミの間の期間が短いので、早めにスケジュール調整をしておきましょう。
個々のサークルが協力しあうことで成功するのがコミケの醍醐味なのです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます