日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【登山用語】ツェルトってなに?

登山に限らず、趣味はその趣味の人しか分からない専門用語が多々ある気がします。
ツェルトなんかもその一つではないでしょうか。

ということで今回はツェルトについて説明しようと思います。

ツェルトってなに

一言で言うとテントほどの快適性はないけど、雨風をしのぐことのできる防水性のあるものといえば分かりますでしょうか。
ビバークテントともいうようですね。

どんなときに使用するか

またの名をビバークテントということから病むを得ず、夜を過ごすことになったとき、天候不良で行動継続に危険を伴うときに体力を温存するために使います。
もっとも、計画通り山行を行うのが一番理想ですが、自然を相手にするスポーツでもあるためなにかあることを見越して持参するけど使わないということがほとんどだと思います。
最近はUL(ウルトラライト)スタイルという言葉があるように、テント泊をするつもりで入山するが、従来のテント泊用のものはツェルトに比べて重いため軽量化を目的に持参される方もいるようなので用途の目的が異なっている場合もあります。

使い方

まずビバーク用での設計なので被っても使用できるし、木々の枝やトレッキンポールを使用し設営することも可能です。
どちらにせよ、テントに比べて快適性ははるかに劣ります。病むをえず夜を過ごさなければならなくなったときにあったら便利程度のものでそのときに都合よく枝があるとも限りません。
夏場の天気の良い日ならいいかもしれませんが雨や風、秋・冬はツェルトで夜をしのぐのは厳しいと思います。

いかがでしたか。
ツェルトはもしものときに使用するもので事前に使用方法は熟知しておく必要があります。ぶつけ本番で使うことのないように慣れておく必要があります。もっとも天気などに影響を受けることもあるため十分な計画と余裕をもった日程で山に行かれるのが一番だと私は思います。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます