日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ用語がわからない!池に関する用語

ゴルフ用語の中には「アゲインスト」という言葉が存在します。この言葉は聞いたことがある人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。では実際に使うとなるとどのような場面で使うのか、また「アゲインスト」の状態になった時の利点について紹介します。

案外厄介!?アゲインストの意味とは

アゲインストは英語で”against”と表し、「向かい風」という意味を持っています。さまざまな呼び方があるのですが、「アゲンスト」と呼ぶ方もいます。向かい風の状態ですので、通常よりは飛距離が大きく下がってしまいます。ただし弱い風の状態の時でもアゲインストは使うので、様々な状況に応じて使い分けするということはないようですね。風の強さから、どれくらいの力でショットすればいいかなどの面倒な計算も必要になるので、厄介だと思うプレイヤーもたくさんいるのが現状です。しかし、池越えをする際などには考えなければいけないポイントですね。

アゲインストを攻略しよう!

アゲインストは向かい風なので遠くに飛ばすことはできないのですが、その分高く打ち上げることは可能です。通常の風の状態の時と比べて落下したときの角度ができる限り垂直に近づいているはずなので、落下した直後のボールの移動が少ないというところを活用させることができます。力加減を調整することができれば、グリーンの近くまでのショットも可能になるはずです。

まとめ

苦手な向かい風をあえて逆手にとって有効な手口にしていくことを考えるのもゴルフの楽しいところです。向かい風の利く練習場に行って練習することも一つの手かもしれません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます