日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

覚えておきたいフットサルの戦術 〜ヘドンド編〜

フットサルにはサッカーと異なり少人数ながらの独自な戦術があります。
聞きなれないような戦術も多く、今回はその中でもヘドンドと呼ばれる戦術について紹介したいと思います。

ヘドンドとは

ヘドンドとは聞きなれない言葉だと思います。
ポルトガル語で丸いという意味で、4人がそれぞれ回るようにポジションを入れ替えていく戦術となります。
ポジションを入れ替えていく事で、敵のディフェンダーを撹乱する事が出来ます。
敵のディフェンダーを撹乱する事でフリーになる選手を作り出す事が出来たり、ディフェンス時においては相性のいい相手とマッチングを取る事が出来、優位に試合を進める事が出来ます。

ノドンドを実践しよう

まずフィクソの選手からノドンドは開始されます。
フィクソの選手が左サイドのアラの選手にパスを出します。パスを受け取ったアラの選手はドリブルでフィクソ位置に移動します。
この間にそれぞれの選手が左回りにそれぞれポジションを移動していきます。
ノドンドはこの動きを繰り返しになります。

ノドンドは攻める戦術

ノドンドは攻めの戦術であり、相手を崩せたらそのまま攻撃に移す流れになります。
常に相手が崩れたかを見ながらノドンドをし、フリーな選手が出来たらすぐに攻撃に移る事が重要となります。
またフリーな選手がいない場合でも、ピヴォへパスコースが空いた場合は攻撃に移る事も可能になります。

まとめ

ノドンドはとても効果的な戦術ではありますが、目的は攻めへの起点となる事であります。
ですので常に意識は攻める事を考えている事が重要となります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます