日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフでの骨盤の使い方

ゴルフには様々な骨盤の使い方が存在するのですが、ゴルフだからこそ活躍する使い方もたくさん存在します。今回はゴルフならではの骨盤の使い方について紹介します。

最も理想!?運動連鎖を起こさせることで発揮する骨盤の正しい使い方とは

骨盤の使い方は素振りの練習の時でも実際にプレーしているときでも強化できると思うのですが、実際はあまり意識していないことが多いので、特別な練習方法が必要になってきます。

骨盤の使い方のポイントは上半身の軸を安定させることです。いくら体が柔らかいとはいっても、くねくねしすぎては意味がありません。

なので、ポイントは

「振りかぶって振り終える瞬間までの骨盤と背骨の位置は直線になるように維持し続ける」

ことです。背骨を軸とすることで、骨盤がしっかり曲がってくれますので、正しい回転運動となり、骨盤が強化されます。

もっと基本的な骨盤の使い方とは!?

骨盤を回転運動させることですが、なかなか難しいものです。しかし、これは意識するだけで日常生活でも鍛えられます。

方法は「日常的な歩く動作や走る動作と同じ骨盤の状態を保つ」ということです。ゴルフの時には勢い余って変な姿勢になってしまいがちですが、いつもと同じ体勢をキープしましょう。そのためには背骨と骨盤の直線が結ばれるような歩き方を心がけてみましょう。

もともと姿勢が悪い人でも、意識すれば姿勢をよくすることはできるはずですので、日々注意しながらウォーキングすることが大切です。

まとめ

とにかくまずは骨盤の動きを意識することから始めてみましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます