日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の招待状テンプレート

結婚式の二次会は、新郎新婦は結婚式の段取りで忙しいので、幹事がひとりで行うケースが多いですよね。幹事となったら早めに二次会の招待状のテンプレートを探して、早めに下準備を行う必要があります。今回は、結婚式の二次会の招待状のテンプレートについてご紹介します。

ハガキを使用する

招待状にハガキを使用するさいには、往復ハガキを使いましょう。それぞれの人の出欠の確認が取れますし、招待状に出席するということを、往復ハガキを返せば、本人が覚えやすいからです。このとき注意したいのは、幹事の住所から出すことです。新郎新婦の住所ではありません。

メールを使用する

ネット上でやり取りできるメールを使えば、ハガキにした場合のコストを削減できます。簡単に操作が行えますし、ハガキに相手の住所を書いたりプリントしたりする手間も省けます。メールの場合は、二次会の前に、出欠の再確認と場所や時間を書いたメールを出すと急なキャンセルにも対応できます。

QRコードを使用する

QRコードを利用すれば、日時や二次会の場所が簡単に読み取れます。サイトにアクセスしてもらい、出欠連絡もメールを使えば、往復ハガキなどの大幅なお金がかかりません。QRコードがついた招待状を専門に作っているサービス会社もあります。

まとめ

幹事の仕事は招待状作成・送付だけではありませんが、第一歩はやはり招待状の作成となります。みなが参加しやすいような、出欠の返事を返しやすい招待状作りをこころがけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます