日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

みかん狩りを伊東で楽しもう

皆さんみかんはお好きですか? 静岡県、伊豆・伊東では秋から初夏まで様々な種類のみかん狩りが楽しめます。今回は伊東のみかん狩りについて、簡単にまとめてみました。

伊東のみかん園

10月から1月までみかん狩り、2月から6月までは甘夏みかん狩りが楽しめる伊東のみかん園。宇佐美地区、吉田地区、城ヶ崎地区に分布した大小の農園で、美味しいもぎたてみかんを堪能できます。自分で選んで収穫したみかんの味は、買ったものとはまた違って格別。一度は体験したいものです。
入園料400円、お土産付きコースでは600円、800円、1000円のコースが選べます。甘夏みかん狩りは800円コース、1000円コース(料金は変更になる可能性があります)。

様々なみかん

定番の温州みかん、早生みかん、甘夏みかんのほかにも、農園によっては、珍しい種類のみかんでみかん狩りができるところも。売店でもたくさんの種類のみかんが売られています。各種みかんの地方発送も受け付けています。
5月中旬には、白く愛らしいみかんの花が見頃となり、高台から望める相模湾とあわせ、最高の景観が楽しめます。

童謡にもなった地

ところで、みかんの花といえば、加藤省吾作詞・海沼実作曲の有名な童謡、『みかんの花咲く丘』を知っていますか? この歌は、実は伊東のみかん山をイメージして作られた歌なのです。亀石峠の近辺には、歌碑も建てられ、歌詞と楽譜が刻まれています。

相模湾を望んでのみかん狩り、『みかんの花咲く丘』を口ずさみながら、甘酸っぱいみかんを口いっぱいにほおばってみませんか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます