日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

印旛沼花火大会へのアクセスと駐車場情報

印旛沼花火大会は現在では、成田地域の地域振興のために、平成18年から観光イベントとして生まれ変わりました。約1万発の花火が打ち上げられ、観覧者を魅了しています。そんな印旛沼花火大会のアクセス方法と、駐車場情報をご紹介します。

印旛沼花火大会

印旛沼花火大会では、リピーター客が多いことで知られています。観覧する人々と花火大会の一体化を図っているからです。花火大会の舞台裏での発案で、観覧者を何度も楽しめる花火大会にするために、カウントダウンでの花火大会の幕開けとなっています。また、観覧者の期待を裏切らないようなイベントになっており、2010年度グッドデザイン賞を受賞している花火大会です。

駐車場

印旛沼花火大会の駐車場はありません。車で来場することは不可能なため、バスや電車での公共交通機関を使って大会会場まで行きましょう。花火大会の当日は、周辺の駅から路線バスが運行されています。15時30分から臨時バスも出ますので、活用できます。

アクセス情報

最寄駅はJR成田駅なので、会場となるニュータウンスポーツ広場(成田市台方)まで徒歩で40分くらいかかるため、小さなお子さんを連れた方やご病気のある方は、臨時バスや通常の路線バスを使用した方が良いでしょう。

まとめ

2010年に世界で初めてとなる観客参加型花火大会として、グッドデザイン賞を受賞した花火大会なので、毎年趣向がこらされ、年々特別なプログラムが開かれていますし、世界中の花火師が集まり、さまざまな種類の花火を打ち上げています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます