日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アメフトディフェンシブチームのポジションと役割

アメリカンフットボールが他のスポーツと最も違う点といえばなんでしょうか。
それは、攻撃側と守備側でポジション(役割や制限)が変わるということです。
アメリカンフットボールの試合の場合、フィールドに出られる11人の選手は3つに分けられます。
まず、攻撃を行う選手たち(オフェンスチーム)
つぎに、守備を行う選手たち(ディフェンスチーム)
最後に、キックやパントを行う選手たち(スペシャルチーム)

ここでは、守備を行う選手(ディフェンスチーム)のポジションと役割について解説していきます。

ディフェンスチームの概要

ディフェンスチームはディフェンスライン(DL)、ラインバッカー(LB)、コーナーバック(CB)、セイフティ(S)からなり、主に相手の攻撃を止めることが目的です。また、相手のファンブルやパスインターセプトを誘ってボールを奪うこともあり、そのまま得点することもあります。

各ポジションの役割

ディフェンスラインは通常4人で形成され、中の2人をディフェンスタックル(DT)、外側の2人をディフェンスエンド(DE)と呼びます。相手のスナップと同時に、相手のクォーターバック(QB)やランニングバック(RB)の動きを封じるために突進します。爆発的なスピードと強靭な肉体が必要とされるポジションです。
ラインバッカー(LB)は通常3人で形成され、ディフェンスの中心でそれぞれの選手に指示を出す司令塔となります。また、パス、ランのどちらにも対応できる俊敏さとタックルで相手オフェンスを倒すタフさが求められるディフェンスの花形ポジションです。
コーナーバック(CB)は通常2人で、主に相手ワイドレシーバーをマークしてパスプレイを阻止します。また、パスをインターセプトして攻守を逆転させたり、そのままタッチダウンを奪うなど派手なプレイがみられるポジションです。
セイフティ(S)はストロングセイフティ(SS)とフリーセイフティ(FS)の2人からなり、ディフェンスの最後尾で全体を見渡しながら、冷静に状況を分析し、フルスピードで迫ってくる相手オフェンスを潰す守護神的役割です。
コーナーバックとセイフティをあわせてセカンダリーとも呼ぶこともあります。

まとめ

アメリカンフットボールは選手それぞれの特性を活かしたポジションがあります。自分にあったポジションを選んだり、ポジションの特性にあった練習をすることで、さらに活躍が期待できます。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます