日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ用語がわからない!クラブに関する用語

ゴルフには様々なクラブがあります。クラブは場面で使い分けるので、クラブ選びには一つ力を入れておきたいポイントでもあります。そんなクラブにはどのような種類があってそれぞれのクラブはどんな場面で使われることが多いのでしょうか。

最も飛距離が出る「ドライバー」とは?

ゴルフクラブの中には「ドライバー」と呼ばれるクラブがあります。これは主にコースの第1打目で使われているクラブで、非常に飛距離の出るものになります。特徴としてはやはり飛距離が長いというところが一番のポイントです。しかしボールに当てる面が非常に大きいので、芯に当てないとなかなか飛ばないというケースもたくさんあります。

狙った場所に落とすために用いられる「アイアン」とは?

短い距離で狙いを定めてボールを落とす時に使われるのが「アイアン」というクラブです。100ヤードから150ヤード当たりの短い距離を狙うのに適しています。また、クラブには番号がそれぞれ振り分けられていると思うのですが、番号の数字が小さければ小さいほど距離が出やすく、大きいほどボールが浮きやすいという特徴を持っています。いろんな場面で使えるクラブとして人気が高いです。

おわりに

クラブの使用は1人14本までの制限がかかっているので、いかに自分に合ったクラブを選ぶかが重要になってきます。クラブに関する用語を知っておけば、お店でもスムーズに購入することができるのでお勧めです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます