日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

旅行時の服装 〜着まわし編〜

旅行で一番荷物になるのが、洋服ですよね。特に女性は、旅先でもおしゃれにいたいですから、持つ服も増えます。でも重い割には、意外に、袖を通さず帰宅するって経験ありませんか?一度も着ない羽目にならない、あるいは重さ軽減に役立つ方法があります。それは着まわすということ。それは一体どういうことなのか、具体的にみていきましょう。

前開きを味方に

前が開く服はとっても便利です。パーカー、カーディガン、ジャケットなどです。例えば気温に応じてキャミソールの上にパーカーを着る、寒ければパーカーの上にジャケットも有りです。前を閉めるとセーター風になり増減しやすくなります。

巻き物

大判のストールは、上着にもなりスカートにもなります。例えば暑い国で、少し移動する際水着の上に羽織ったり、スカートとして巻いてもよいでしょう。実益だけでなく、新たなおしゃれの幕開けですね。

ショートパンツ

そのまま一枚でボトムでもいけますし、薄手のスカートの下穿き代わりにもなりますよ。見せても隠してもよいという、このアイテム意外に使えます。

ワンピース

これぞお役立ちファッション。上と下がつながっていますので、一枚で完成した姿を見せられ、上への重ね着も違和感なしです。お腹までゴムの入ったタイプは、折り曲げてスカートになります。

まとめ

複数の着方が出来る服は、大きく厚手の服を減らすのに役立ちます。バッグに入れる前にこう考えましょう。何枚持つかではなく、何通りに着られるかを。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます