日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バーベキューの火おこし 「煙突」がポイント!

バーベキューの最初の大仕事は火おこしです。火おこしに手間取るとイライラしてしまいます。ここでは、火おこしのポイント「煙突」について分かりやすくご説明します。

まずは煙突を作ります

新聞紙またはいらない紙をねじって、棒状にしたものを作ります。それを井型に組み立てます。その周りに炭を積み重ねます。形が揃っている炭ばかりではないので、崩れないように慎重に重ねていきます。井型の周りに炭を積み上げることで、煙突のようになりますね。炭の形は揃っているわけではないので、あちこち隙間ができますがそのままで大丈夫です。

出来上がったら、真ん中に入っている紙に火をつけます。そして、いじらずに放っておきます。途中で崩れるかもしれませんが触らない方がいいでしょう

長くても10分ほどで着火できます。着火したら炭を追加していきます。

なぜ煙突がポイントなの?

では、なぜ煙突なのでしょうか。煙突の中で火が燃えるには、空気が必要です。煙突の中の空気が少なくなると、煙突の周りの空気が吸い込まれます。そして、煙突の中では上昇気流が発生します。こうしてどんどん空気が吸い込まれて行くので、うちわで空気を送る必要がありません。自然の原理で火がつきます。

仕組みが分かると見ていても面白いと思います。煙突で着火する場合は観察してみてください。しかし、近づきすぎには注意してくださいね。煤が飛んできたり、突然爆ぜることもありますから。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます