日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

紅葉狩り 清水寺 のライトアップ情報と見所

京都市東山区にある清水寺は1994年に世界遺産に登録されました。清水寺だけで世界遺産に認定されたのではなく、京都市・宇治市・大津市の17の文化財の全体が「古都京都の文化財」として世界遺産と認定されその中に清水寺が含まれています。清水寺は桜の名所ですが秋には紅葉も見事に古都を彩ります。夜はライトアップもされるので必見です。

ライトアップ

紅葉の見頃は11月下旬から12月上旬までで、朝6時~夕方18時までが通常の営業時間ですがその後、境内がライトアップされます。拝観は昼と夜の入れ替えになるので拝観料も別途必要となるので気をつけましょう。清水寺の紅葉のライトアップの青い光は、観音様の「慈悲の光」を表しています。山に浮かび上がる荘厳な清水寺を楽しめそうです。

見所

北苑の紅葉谷から南苑の錦雲峡まで見所は各所にあります。奥の院からライトアップされて浮かび上がる色づいた紅葉と清水の舞台に加えその裾の広がる京都市街の夜景を眺めるのは昼とは違った古都に感動すること間違いなしです。国宝本堂や堂塔伽藍も夜に見るとまた趣があります。ライトアップで伽藍がさらに立体的に浮かび上がって昼間にもまして荘厳な雰囲気になります。幻想的な三重塔もお薦めです。

混雑をさける

ライトアップの前に一度 閉門するため再度、拝観する為に並びなおさなくてはなりません。昼間の閉門の1時間ほど前に一旦 境内を出てから改めで列に並ぶと比較的混雑する前に再度入ることができます。見たい場所へ先に先にと行動しベストポジションへ向かいましょう。そのためにも日中の下調べが有効です。

まとめ

秋の夜の特別拝観期間中は昼の通常拝観の閉門時間は午後5時30分となります。特別拝観開門時間は変更される場合があるため、念のためにチェックが必要です。境内は飲食・喫煙ともに禁止です。マナーを守って美しい秋の夜長、紅葉を満喫しましょう。夜のライトアップを見逃した人は早朝の清水寺も清々しくお薦めです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます