日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ふじさわ江の島花火大会へのアクセスと駐車場情報

ふじさわ江の島花火大会は、神奈川県藤沢市の片瀬海岸で行われている花火大会です。江の島を背景にして、湘南海岸からも見ることができます。とくに2尺玉は夜空に輝くと、直径が480mにもなる巨大な花火を観覧できます。今回は、ふじさわ江の島花火大会へのアクセスと駐車場情報をご紹介します。

電車でのアクセス

電車でのアクセス方法は、新宿駅から片瀬江の島駅まで、小田急特急ロマンスカーで63分かかります。また、東京駅からJR東海道線を使うと、48分ほどかかります。藤沢駅から江ノ島駅までは江ノ電を使用でき、所要時間は10分です。

車でのアクセス

車でのアクセス方法は横浜新道から国道467号線で江の島まで行く方法や、厚木ICをおりて国道129号線で江の島に行く方法、海老名ICから県道46号線で江の島まで行く方法などがあります。

駐車場情報

駐車場は、「観光協会江の島駐車場」は24時間営業を行っており、普通車の料金は1時間300円で、夜の時間帯は1時間100円です。台数は78台分あります。2ヶ所目は「江の島なぎさ駐車場」があり、6時から21時まで営業を行っています。とめられるのは普通車のみとなっており、2時間で620円です。花火大会の当日は最大で1540円かかります。宿泊の場合は500円となっています。

まとめ

ふじさわ江の島花火大会の醍醐味は、3000発もの打ち上げられる色鮮やかな花火が特徴的です。色彩がとても綺麗なことで知られています。アクセス方法はさまざまあるので、夏の思い出に観覧してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます