日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クラス会の幹事必見!案内状テンプレート

何年か一度開かれるクラス会では、久しぶりに旧友の顔を見たかったり、近況の報告をしたりするものですよね。クラス会の幹事に選出された方は、できるだけ同級生メンバー全員にクラス会の案内状を出すことになります。今回は、クラス会の幹事さん必見の案内状のテンプレートについてご紹介します。

なるべく全員に

クラス会の幹事さんは、卒業アルバムやフェイスブックなどのSNSを利用して、なるべく同級生全員に案内状を送りましょう。連絡が取れない人がいたら、知り合いやお友達同士のつてで、連絡先を聞くと案内状を出すことが可能になります。現代では気軽にSNSなどを通じて呼び掛けることもできますが、やはりきちんとした形でのクラス会開催は、往復ハガキなどを使って、案内状を出すと良いでしょう。

書く内容

案内状に書くことは、まずクラス会の開催を通知するという目的を果たさなければなりません。案内状には、クラス会の目的や内容、幹事の名前、日時、場所(場合によっては地図が必要)、費用などを細かく書きましょう。そして、案内状では招待をする、という意味が含まれていますので、きちんと時候のあいさつも含めた文面にするとなお良いです。次に、案内状では往復ハガキなどを使用して、出席と欠席のいずれかを尋ねます。集まる人数が分らないと、お店などでどれだけの料理が必要になるか、予算に関わってくるからです。

案内状を出す時期

案内状はなるべく早くに投函しましょう。なかには宿泊をしてクラス会に参加する人もいますし、帰省中でしたら日にちの管理を行わなければなりません。出席か欠席かという問題もなるべく早く知っておく必要があります。

まとめ

地元でいつもよく飲み会を開くというのではなく、クラス会は遠方から来る人もいます。そういった人たちのことをよく考えた上で、場所を決めたり、時間を調整したりすると良いでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます