日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【麻雀用語】副露(フーロ)・鳴き

麻雀用語の「副露」はゲームを行う際に必要不可欠なものです。
副露を知ることで麻雀力アップを図りましょう。

副露とは

副露(フーロ)とは他のプレイヤーが打牌(捨てた牌)を自分の手牌に加えることで面子を揃える行為のことです。
「鳴く」と言われることも多いです。

副露の種類

副露には3種類あります。
その3種類は「ポン」「チー」「カン」といいます。

「ポン」とは、手牌に対子がある場合に、他家の捨て牌を貰って対子を刻子にする行為のことです。
ポンができる条件は、手牌に対子があること、立直していないこと。
そして他家の捨て牌が対子と同じ牌であること、他家が打牌して次のプレイヤーがまだ自摸していないことです。
他家が打牌したら、次の自摸が行われる前にすかさずポンと宣言しなければなりません。

「チー」とは、手牌に塔子がある時に、上家の捨て牌を貰って塔子を順子にする行為です。
チーの条件は、手牌に塔子があること、立直していないこと。
そして他家の捨て牌が塔子と同じ種類の牌であること、上家が直前に打牌した牌であることです。
上家が打牌したら、自分が自摸する前にチーと宣言します。

「カン」にも種類がありますが、副露としての「カン」は大明槓になります。
手牌に刻子がある場合に、他家の捨て牌を貰って刻子を槓子にするのが「カン」となります。
カンの条件は、手牌に刻子があること、他家の捨て牌が刻子と同じ牌であること。
そして、他家の最新の打牌直後であること、1局中の「カン」の上限である4回に達していないことです。
他家が打牌したらすかさずカンと宣言します。

副露と役の関係

麻雀の役は門前で成立するものが多く、得点も高いです。
しかし、副露しても成立する役もありますし、副露することで得点が下がってしまうが、成立する役もあります。
副露しても成立する役を覚えておけば、早和了りを狙うのに便利です。

おわりに

副露するのは初心者だと言われたりもしますが、プロや上手な打ち手でももちろん副露します。
要は使い方次第で戦局を有利に進めることができるということでしょう。
副露センスを磨いて麻雀力をアップさせましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます