日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

合コンの自己紹介はフルネームで言うべき?

合コンで、自分を大きく認識してもらえる、最初で最大の瞬間は、「自己紹介」だと思います。
自己紹介は、必ずだれもが行うので、そのときはだれでもその人に注意が向くからです。
合コンは社交ですが、かといって硬くなりすぎると壁を持たれてしまいますし、ナンパでも距離を置かれてしまいます。
その場その場に応じた自己紹介があると思いますが、名を名乗るときはフルネームが適切でしょうか、それとも名字だけでもよいのでしょうか。

まずは、自分の立ち位置を定める

合コンを単純に遊びと認識する人ほど、名字しか名乗らない傾向があると感じます。
フォーマルな付き合いだと、名を名乗るときはフルネームが基本だからです。
ですので、合コンの目的が、単に暇つぶしや多人数での食事などの場合は名字のみ、あくまでもこれからの出会いを意識するときは、フルネームで認識してもらう方が後々有利です。

フルネームは、SNSと連動させやすい

FacebookやTwitterなど、合コン後の付き合いを考えるなら、コンタクトを容易にするためSNSを利用する手段がメインになっています。
しかし、初対面の人からIDをききだすとき、相手が抵抗がある可能性もあります。
ですので、こちらから前もってID名を本名にしておき、その上で自己紹介をします。
「今後の予定も考えたいので、こっちにも遊んできてください」という名目で、アカウントが本名と同一と教えてアピールします。
異性も多人数いるわけですから、1人でもアクセスしてきてくれたら、そこから個人的な連絡が可能になります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます