日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【合コンでのマナー】連絡先の聞き方

合コンで気になる人がいたら、今後のために連絡先はどうしても聞き出しておきたいものです。
そこで、今回はその聞き方の「マナー」の問題の考察をし、「いかにして連絡先をゲットするか」というよりも「相手に抵抗感を与えない連絡先の聞き方を考えること」に着目していきます。

NGパターン 「無理やり聞き出す」

連絡先を明かせるのは、ある程度フォーマルな信頼関係ができている人ですから、「いいから教えてよ」だとか「罰ゲームは連絡先を答えることね」だとかなんとか入手にこじつけるような、関係を壊すようなことは絶対にしてはいけません。
むしろ、味気ないぐらい硬いほうが、そういった意味では、信頼が得られやすくなります。
合コンはあくまで、「社交的な信頼関係を結ぶ」行為にすぎず、「心理的に距離を詰める」段階は、連絡先入手のあとと考えましょう。

「合コン後のお礼や、次の企画には欠かせないもの」という最強の理由

普通、連絡先の中でも「電話番号」はEメールよりもハードルが高い要素です。
しかし、最近はデバイスのプロフィールなどは、「名前と電話番号とメアド」が一体化してしまっているのが当たり前で、むしろそこに盲目になりがちです。
何気なく、自然な流れで「お礼をしたいから、Eメールアドレス交換しませんか?」といってプロフィールごと相手に渡してしまうのです。
「念のため、こっちにも送ってください」と頼めば、相手もノリでプロフィールごと渡してしまいがちです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます