日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

イルミネーションをうまくかけた 告白方法

告白成功者のいろいろな見解をまとめると、
告白のタイミングは「夜、行動がひと段落ついて落ち着いているとき」のようです。
つまり、夜、二人でイルミネーションを眺めているときというのは、告白にちょうどいいタイミングなのです。
では、告白の方法はどうすればよいのでしょうか。
まずはアプローチから考えてみます。

青色のイルミネーションが集中する場所へ行く

学問の一つで、「色彩心理学」というものがあります。
その学術的見地によると、青色の光は人の心を落ち着かせる効果があるそうです。
そして、人の心は落ち着いているとき、一緒にいる人との心理的距離がよりいっそう近く感じるようになっています。
よって、青の光源が集中する場所を指し、「あそこ綺麗だから近くで見てみようよ」などといって
誘い込んでみてはいかがでしょうか。

錆びついた建造物に光が当たっているところを注目しよう

歴史的建造物のイルミネーションでは、そのくたびれた個所に光が当たることで、
そこの汚れやサビが目立つようになります。
これは異性のやさしさと似通ったところがあり、優しくされることによって、
相手の傷が見えるという心理的効果とかけて「君は私を照らす光だ」といってみてはいかがでしょうか。

光は「その人から出ている」

最後の告白は「光が刺しているスポット」で行いましょう。
ちょうど光が当たる位置で、「まぶしいね、光は私たちに当たっている訳じゃないよ、
むしろ、君から光が出ているんだ」とアピールし、
相手が自分だけを照らす光だと証明(照明)してやりましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます