日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

会議費の謎 〜社内会議でも経費で落とせる?〜

会議費という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
なかなか聞きなれない言葉だとも思うのですが、今回は「会議費の謎 〜社内会議でも経費で落とせる?〜」というお話をしたいと思います。

会議費とは?

では初めに、会議費というのは何か・・・というところからご説明します。
会議費とは、お得意様との商談や、社内における打ち合わせなど、仕事・業務に関する会議等にかかる費用のことを指します。
かかる費用の例を上げますと、会議中に出されたコーヒーやお茶などの飲食費、打ち合わせに使った会場の利用料の費用等、会議にかかった一切のの費用のことを会議費と言います。

・社内会議でも経費で落とせるのか?

結論から先に申しましと、経費で落ちます。
・・・が、多少の要件があります。
ここからは少し、法律に触れますね。
租税特別措置法施行令の中の、措置令37の5に、「会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用」は、交際費等から除かれ、会議費とされる、とあります。
また、第1款 交際費等の範囲の中の、措置通61の4(1)-21においては、措置令37の5でいう会議費とは、「会議に際して社内又は通常会議を行う場所において通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の接待に要する費用」である、と記されています。
このことから、社内会議でも常識的な範囲であり、もちろん仕事・業務に関わる会議であり、会議室等で行い、通常供与される昼食等の程度を超えない費用の範囲であれば、費用として認めてもらえることになります。

・常識的な範囲の費用とは?

常識的な範囲の費用とは、はたしていくらくらいなのか気になると思います。
こちらも一応上記で述べた法律で決められ、明確なものになりました。
その金額とは、一人当たり5,000円となります。
5,000円も!?いっぱい使える!!・・・と思ってる人も多いかと思いますが、上記で述べましたが、あくまで「通常供与される昼食の程度を超えない費用の範囲」ですからね。
この金額は目安ですから、そこから先は常識というものを求められる・・・ということを忘れないでください。

会議費・社内会議の経費についてお話ししましたが、いかがだったでしょうか。
上記で述べたとおり、5,000円までなら要件を満たしていれば落ちますが、だからと言って無駄に使ったり、悪いことを考えたりしてはいけません。
常識というものをしっかり考え実行し、会社の為・日本の為に有意義な会議を行っていただくことを願っております。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます