日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードの練習場はどんなところ?

スノーボードの練習場はどんなところか初心者の人は不安に感じると思います。
楽しく安全に遊ぶためには覚えておかなければいけないことがあります!
事故やトラブルに巻き込まれないためにも、しっかりと覚えておきましょう!

リフトをおりたら!

リフトをおりてボードを装着する時に多くみられるのがコースを塞ぐようにして座り込んでいるスノーボーダーです。
ゲレンデによっては装着場所が指定されていますし、指定がなかったら脇によけて、他のスキーヤーなどに邪魔にならない場所で装着しましょう!
リフトからどんどん人は下りてきます。装着したら速やかに滑り始めましょう!
リフト下り場付近での座り込みは毎年よく見かけます。トラブルの原因になりますので注意しましょう!

コースをふさがない!

同様に、コースの中央や、邪魔になる場所での座り込みは危険です!
友達を待っていたり、疲れたりして休みたい気持ちもわかりますが、大勢でコースを塞いでいると事故の原因になります!
最近ではスマホで写真を撮っている人がいますが、周りに注意しながら撮影しましょう!
特に視界が悪い時には大事故に繋がるので、必ず邪魔にならない場所で休むようにしましょう!

パークにはいろう!

いよいよバークに入ろう!という意気込みはいいですが看板に書かれているルールはもう読みましたが?
BOXやキッカー、レールなど人気アイテムがたくさんありますが、入る前に良く見てみましょう!
アイテムの前でに並んでいる人はいませんか?
アイテムには並んで順番に入るので横入りだけは絶対にやめましょう!
実際にキッカーに二人で入ってしまい衝突した事故を目撃したこともあります。
知らなかったでは済まされない大事故にならない為にも、パークに入る前には書かれているルールをしっかり読みましょう!

当たり前なことを当たり前に!

ゲレンデで楽しく滑るためには、ルールを守り、周囲に気を配り、当たり前のことを当たり前にする必要があります。
ゴミを捨てない、割り込まないなど当たり前なルールを守ることでみんなで楽しくスノーボードやスキーをすることができます。
自分の為にも相手の為にも、しっかりとルールを守ってスノーボードを楽しみましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます