日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クリスマスの電飾を付け方・飾り方ポイント

クリスマスシーズンになると街中もイルミネーションで彩られます。木も建物もキラキラと煌びやかに着飾られてとても美しいですよね。
自分の家にもそんなイルミネーションを飾ってみたいと思ったことありませんか?でも、どうやって飾ったらいいのか、どこに飾ればいいのか・・。
そんな方のためにどう飾ったらセンスよく、より綺麗に見えるのかいくつかのポイントを挙げてみました。
ぜひご家庭でのクリスマスに彩を添えてみてください。

イルミネーションの取りつけかた

イルミネーションの光にはストレートタイプのものとカーテンタイプのものとがあります。
木などに取りつけたい場合にはストレートタイプを使用しましょう。下からでも上からでもいいのでくるくると簡単に巻きつけるだけでOKです。固定する時や、電球の重みで木が下がってしまう時は付属のビニール帯などで留めます。
フェンスや壁に飾る場合はカーテンタイプが便利です。フックやロック帯で取りつけるだけで完成です。
2階からロングタイプのものを垂らしてみても光の流れのように見えて美しいですね。
マンションなどにお住まいの方は近隣のご家庭に迷惑がかからないように、落下などに気をつけて取りつけます。こちらもフェンスの手すりにビニール帯で取りつけるだけで完成ですから簡単ですよ。

イルミネーションの飾り方

自宅に帰る時、来客時にみんなが必ず通る玄関をオシャレに飾ってみましょう。
簡単にドアに電球をつけたリースを飾るだけでも可愛くなります。そこにサンタやトナカイなどの3Dモチーフを置くとメルヘンな空間に様変わりします。
窓にも雪やツララをモチーフにしたツララライトを垂れ下げるように飾るととても冬らしくなります。青の光を選ぶとより冬らしくなりますよね。上でも取り上げたように2階からロングタイプのものを庭に向けて取りつけるのも素敵です。
庭にも飾りたいけどどこに飾るといいか、何を飾るといいかわからない方はネットライトを使って花壇に被せるように飾るだけでキラキラと華やかになります。冬のように花壇に花が咲かない時にもライトで小さな花が咲いたように見え華奢で可愛らしく見えます。木に電球をつけてもいいですね。何本にもつける場合は下の高さを揃えるとより綺麗に見えますよ。
ベランダからサンタや星や靴下などのオーナメントを取りつけても可愛いですし、手すりに光を取りつけても煌びやかに見えます。

まとめ

このようにイルミネーションは比較的どれも簡単に取りつけることが出来ます。
暗闇の中で美しく光るイルミネーションが取りつけられ始めると、もうクリスマスになるなあと実感しますね。
豪華な飾り付けをしている家もあれば、小さな繊細な飾り付けをしている家もあります。どれもその家ごとの個性が光って楽しく目に映ります。
今年のクリスマスシーズンにイルミネーションの飾り付けに挑戦してみたらいかがでしょうか。
きっと寒い冬の夜で冷えきった心を、ほんのりと温めてくれますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます