日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

気分を盛り上げよう!合宿のしおりを面白くするコツ

合宿をもっとよりよく楽しいものにするためには、細かなところへの配慮が必要です。そのためには参加者たちも楽しみにしているであろう「しおり(パンフレット)」を充実したものにしなくてはいけません。そこでしおりをもっと賑やかにさせるコツについて紹介します。

しおりを賑やかで楽しみが膨らむようにするためにはいろんな企画を用意する必要がある?

しおりに書かれていることは基本的に合宿中に行うことでしょう。つまりしおりに書かれてある内容が多ければ多いほど充実して楽しい合宿になると思われます。なのでいろんな企画を立てていろいえお実践してみる計画力が必要です。企画といっても不必要なものを詰め込んだり、内容が薄くてあまり盛り上がらないようなものを詰め込んでもいけないので注意が必要です。

内容が豊富でもしおりにはもっと楽しませる工夫が必要!

しおりが文字だらけになってしまっては読み手としても面白みに欠けてしまいます。それを回避するためにもそれなりにカラフルにする必要があります。カラフルにするといっても、無駄に色を追加してみるのは良くないです。いろんな場面によって配色を変えると楽しいしおりが完成します。また場面に応じて挿絵や写真をつけてみるのもいいでしょう。手書きで書かれた絵は一層合宿の楽しさをアピールすることができます。

いろんなしおりの書き方がありますが、オーソドックスなものよりかは製作者の個性があったほうが楽しいですし、新しい発見が見つかるかもしれません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます