日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バーベキューのプロに聞く!野菜に合った切り方

家族や、友達、あるいはカップルで自然に囲まれた中でのバーベキューは、それだけでご馳走ですよね。そんな楽しいバーベキューを美味しく頂くには、野菜の切り方も重要になってきます。今回は、バーベキューをするときの野菜の切り方のポイントについて、それぞれのシチュエーション別にご紹介します。

鉄板焼きの場合

鉄板焼きは火が当たる面積が広いので、早く焼けます。でも、その分焦げやすいというのが鉄板焼きの特徴です。このため、厚く切ってしまうと外側が焦げてしまい、中身は生になってしまうので、どの野菜も1㎝以下にカットするのが良いでしょう。また、網焼きの場合より小さ目に切りましょう。

網焼きの場合

網焼きは網の大きさより野菜を大きくカットすることがポイントです。小さくカットしてしまうと、網の目から野菜が落ちてしまい、しかも直接火に当たるのですぐに炭になってしまいます。

串焼きの場合

串焼きのポイントは野菜を同じ大きさ、同じ厚さにカットすることです。鉄板焼きや網焼きのように、野菜を一つづつ焼いていくことができないので、大きさや厚さがバラバラだと、焼け方にむらができてしまいます。

このように、焼き方によって野菜の切り方は違ってきます。また、にんじんやジャガイモなど火が通りずらい野菜は、あらかじめ下茹でをしてから持っていくと、時間の短縮になります。それに、例え火が通ってなくても茹でてあるので、そのまま食べることもできて食材の無駄になりません。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます