日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

どうする?免許合宿時の服装

免許を取るための合宿ならば、服装にも注意しなければなりません。そこでいろんな季節に対応した合宿での服装の選び方について紹介します。

免許を取るための合宿ならば、服装にも注意しなければなりません。そこでいろんな季節に対応した合宿での服装の選び方について紹介します。

冬場にはしっかりと寒さ対策した服装で挑むべし!

冬は特に寒さが厳しいところだとしっかり厚手のものを準備する必要があります。いくら厚手でも風通しのあるアウターなどを着ては意味がありません。厚手のアウター1枚だった場合は、中にヒートテックなどの暖かくする素材を使った物を着るようにしましょう。特に襟付きのものを着ると自然と寒さ対策できると思います。また教習のときは服装だけではなく靴にも注意を払っておきたいです。サンダルなどはもちろんいけませんし、モコモコしすぎたブーツを履いてくるのも運転に支障が出る危険性があるのでやめましょう。

夏場に気をつけておきたい免許取得合宿での服装とは

夏はとにかく暑いという理由で半袖でこられる教習生の方もいらっしゃいますが、それで十分でしょう。しかしあまりにも派手すぎるTシャツだけだとよくないです。女性の方は体温調節がすんなりできるように、すぐに脱いだり着たりできるパーカーやカーディガンなどを身にまとっておくといいかもしれません。その際に注意しておきたいのが「白色のものを選ばない」ということです。合宿なので教習後はいろんなことで楽しめます。しかし白は汚れが目立ちやすい欠点があるのであまりお勧めはできません。
季節によって教習生各々の着こなしが変わってくるようです。なので自分のスタイルを残しつつ、季節にあった服装選びをしたほうがいいでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます