日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クラス会へ行く時の服装【50代】

50代の方がクラス会へ出席することが決まったら、1番重要なことは、当日着ていく服装です。ときと場合を考える必要が出てきますよね。今回は、クラス会へ行くときの50代の方の服装についてご紹介します。

季節感に合った服装を

クラス会が開かれる、春夏秋冬の季節をよく考えて服装を決めましょう。会場がホテルなどを貸し切って行う場合は、温度調節が自分でもできるように、上着を持って行ったり、着ているジャケットを脱げるようなインナーにも気を配る必要があります。また、当日になり、雨が降ったり台風が来ているときには、雨に濡れても良い靴や、靴下が濡れる可能性もあるので、替えの靴下も持参しましょう。

5月以降の夏の場合

クラス会が開かれる日が5月以降の夏の場合、カットソーやブラウスなどの薄着でも良いですが、会場はクーラーが入っている可能性があります。あなたひとりのために空調の操作はできませんので、上に羽織ることができるジャケットやブルゾンなどを持って行く必要があります。

大人らしさを考慮して

50代の女性でも男性でも、着物を着て行こうと考えておられる方も多いでしょう。着物でも良いですが、恩師の先生より目立つものや、付け下げや訪問着などにならないように気をつけることが大事です。着物はいいのですが、浴衣は避けたほうが良いでしょう。

まとめ

50代のクラス会は、恩師の先生も高齢である可能性があります。恩師の先生よりも派手な着物や、髪飾りなどを大袈裟にするのは避けたほうが無難です。目立つのは構いませんが、ひとりで浮かないようなクラス会にしたいですよね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます