日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

屋形船 東京で格安で乗れる時期

隅田川を眺めると、お花見の時期や花火見物に欠かせない屋形船。優雅に宴会を楽しみながら中で美味しいお料理をいただけるなんてとっても風流ですよね。古くは万葉集に書かれていた貴族の「舟遊び」から始まったんだとか。
ちょっとお高いイメージのある屋形船を少しでもリーズナブルに利用したい。ではいつがベストか見てみましょう。

ハイシーズン

大体3月の後半お花見のシーズンから、風が暖かくなってくる春から夏の花火。涼を、求めて風情を楽しむ方が多いようです。
料金も人数によりけりですが最低定員が決まっているところが多く、10名以上でお一人10,800円~が一般的なようです。
これにお料理のお刺身が付いたり、お土産が付いたりで金額に差が出るようです。

オフシーズン

逆に寒い時期、特に人出が落ち込む1月から3月前半のお花見に入る前が一番リーズナブルな料金設定になっています。
宴会プランはいずれも飲み放題が付いていて、揚げたての天ぷらがいただけたりとトップシーズンと変わりはありません。
お一人様8,640円となっており、季節の食材が違ったりする程度なのでとってもお得ですね。
船には冷暖房が完備してあり、水洗トイレもついているので困る事もありません。

まとめ

どこの船着き場もアクセスが良く、地下鉄やJRの浅草橋で降りても徒歩2~3分です。人数が多いと送迎バスもありますがリーズナブルなプランだと送迎はないようです。いつもの宴会も趣向を変えて川面を眺めてみませんか?きっといつもの東京も違った顔が見られるかもしれませんよ。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます