日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

会社の新年会 二次会はカラオケ?

新年会の二次会といえば、カラオケが定番です。
そんな会社の人とのカラオケで失敗しないためにも、気をつけるべきことを覚えておきましょう。

プライベートのカラオケではありません!

あくまで、「会社の新年会の二次会のカラオケ」だということを頭に入れておきましょう。
友達と行くカラオケのつもりで行動すると、周りを不快にしてしまいます。
カラオケだからと言って失礼があっていいわけではありません。

携帯をいじらないこと

特に若い社員にみられるのが、上司や年上の方が歌っている時に携帯をいじっていることです。
普段友達と行く時にはいいかもしれませんが、ここは仕事の延長だと思ってビジネスモードを崩さないようにしましょう。

最低一曲は歌いましょう

カラオケに行ったからには、最低一曲は歌うようにしましょう。
上司に歌をすすめられても、断固断るのは失礼ですし、場の空気も悪くなってしまいます。
2,3曲はメジャーで、誰もが知っている曲を歌えるようにしておくといいでしょう。
誰もしらない曲や、アニメの曲などは避けた方がいいでしょう。

マナーを守りましょう

会社の二次会のカラオケでは、歌の上手さよりマナーを守ることを意識しましょう。
他の人が歌っていたら、タンバリンや拍手で盛り上げましょう。
盛り上がるのはいいですが、服を脱いだり、マイクを奪ったりとハメを外さないように注意しましょう。
カラオケだろうが上司は上司です、言葉使いにも気を抜かないようにしましょう。

まとめ

二次会も新年会の時と注意すべきところは変わりません。ここでも優秀な部下であることをアピールしていきましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます