日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会で使える自己紹介のネタとは?

はじめましての交流を深められる歓迎会。まずは自己紹介……だけれど、淡々と経歴を話すだけじゃつまらない。自身を理解してもらえて、かつ記憶に残る。簡潔にインパクトを与えるワンフレーズをご紹介します。

嫌いなものを発表しちゃう

まさかの、好きなものではなく、嫌いなものの発表。「え、そこ?」と静かな笑いが巻き起こるでしょう。それに加え、実は嫌いなものを共有することが、仲が良くなる秘訣なんです。次に自己紹介をする人も、つい真似したくなるワンフレーズですね。

貯金額を発表しちゃう

独身者は貯金額、既婚者はおこづかい(もらっている・渡している)額。あまり他人には言いたくない、言うべきではない、プライバシーの高い項目を発表。「え、それ、本当に言っちゃっていいの?」と視線は一気にあなたに注がれることでしょう。ただ、あえて言う旨の前置きを忘れずに。全般的に愛着と、額が近い人からは親近感が得られ、その後もどうなっているのかをきっかけにコミュニケーションがとれるでしょう。

質問を求めちゃう

これは直接やりとりをするので印象が強いです。自己紹介後、静まり返る前に堂々と「質問を下さい。」と言ってしまう。え、自分から?と意表をつかれつつも、質問してくれる人がいるはず。返す時にはまず「ありがとうございます」と、お礼を忘れずに。

まとめ

場に慣れず緊張してしまったときは、無理に緊張をほぐそうとせずに、「緊張していますが」と言ってしまうのもひとつ。自身の自己紹介でいっぱいいっぱいにならずに、他の人の自己紹介もしっかり聞いて、今後に繋げていきましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます