日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バーベキューで野菜を串焼きにしたい!

バーベキューで野菜を焼いたけれど人気がなく、最後にしぶしぶお腹に詰め込む。。ということはありませんか。
おいしい野菜串のためのポイントをご紹介しますね。

色の組み合わせで食欲を刺激

一般的に食欲をそそる色は、赤、橙、黄の暖色系と緑で、橙が一番だとされています。
人参、パプリカ、トウモロコシ、ピーマン、ズッキーニの間に玉ねぎ、シイタケなどをバランスよく組み合わせれば、見た目にも美味しそうで、ついつい手が伸びそうですね。

大きさを加減して焼き上がりをそろえよう

野菜の種類によって焼き上がる時間に差ができてしまい、玉ねぎはまだ生なのに、ピーマンは黒焦げ。。なんていうことも。ほぼ同時に焼けるように大きさを加減して切っておきましょう。
人参など硬いものは、レンジで軽く加熱して下ごしらえしておくとよいですね。

オイル+塩コショウであっさり味も

お肉でお腹が膨れてきても、さっぱりした味のものなら不思議とまた食べられたりするものです。
タレ味もいいですが、あっさりと塩コショウはいかがですか?
ただし、野菜にそのままぱらぱらと振り掛けてもほとんど落ちてしまいますよね。
表面に薄くオイルを塗れば、塩コショウもしっかりとなじみますし、水分が蒸発するのも防ぐことができて一石二鳥です。
オイルは香りのよいオリーブオイルがおすすめ。
スプレー容器があれば簡単にまんべんなく塗ることができて便利ですが、なければハケでもOKです。

まとめ

いつもは脇役の野菜たちも一工夫で人気の一品に。
バランスのよい食事で健康のためにもいいですね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます