日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会を開いてもらったらメールでもいいからお礼をしよう!

自分のために歓迎会を開いてもらったのならば、その場でお礼をするだけでなく、メールでいいのでお礼をしましょう。ちょっと面倒だったり、照れくさかったりするかもしれません。けれど、最初のうちから印象をよくしておくことはとても大切なことです。ではそのメールについての注意点を3点ピックアップしました。

ありがとうございますと告げる

まずはこの「ありがとうございます」という言葉を入れましょう。自分のために歓迎会を開いてもらったのですし、多くの方が時間を作ってくれたのです。そのことに対して、まずお礼をしましょう。マナーです。

楽しかった事を一点書く

何か1つ、楽しかった事を書きましょう。緊張してあまり覚えていないかもしれませんし、自分にはあまり楽しい会でなかったとしても、「この会社の雰囲気がよくわかり楽しかったです」くらいのことをメールの中に入れておけばいいのです。

これからお願いしますと伝える

「これからもどうぞよろしくお願いいたします」と伝えることが、このメールの返事の中で一番大切なことです。ありきたりな文章ですが、とても大切な文章です。

おわりに

長いメールである必要はありません。「歓迎会を開いていただきありがとうございました」「あのシーンはとても楽しかったです」「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」という3点をしっかりメールで伝えればよいのです。この程度のメールを送るか送らないかで、全然印象が変わってしまいます。是非、お礼のメールは送りましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます