日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

土浦花火大会の場所取りと混雑時間

土浦花火大会って?

正式には土浦全国花火競技大会といいます。
毎年10月の初めに行われる日本中の花火職人が腕を競い合う大会です。時期としては夏祭りより少し後、涼しくなってきた頃に行われます。毎年約80万人が訪れ、いつもはちょっと寂しい(?!)土浦駅が人でごった返します。

前売り券で場所取りをしよう

桟敷席は9月に申し込みを受け付けます。こちらは早い者勝ちではなく、抽選方式になっておりますので、手始めに申し込んでみると良いでしょう。

土浦花火大会って?

正式には土浦全国花火競技大会といいます。
毎年10月の初めに行われる日本中の花火職人が腕を競い合う大会です。時期としては夏祭りより少し後、涼しくなってきた頃に行われます。毎年約80万人が訪れ、いつもはちょっと寂しい(?!)土浦駅が人でごった返します。

前売り券で場所取りをしよう

桟敷席は9月に申し込みを受け付けます。こちらは早い者順ではなく、抽選方式になっているため、手始めに申し込んでみると良いでしょう。全マス(6人まで入場可)21000円、半マス(3人まで入場可)10500円です。なお申し込みには土浦市の水郷体育館まで行く必要があります。

河川敷もきれい

次に大会前日の12時に一般観覧席が解放されます。こちらは早い者勝ちですから、がんばって席を取りましょう!もし席が取れなくても、花火が始まってから河川に沿ってお店がたくさん出ますので、いろいろ食べ歩きしながら歩くのも良いでしょう。

混雑時間

花火大会当日の午後すぐに混み始めます。
行くのなら午前中に到着した方が良いでしょう。
大会が終わった後の土浦駅は、想像を絶するほど混みます。駅に入場制限がかかり、簡単に入れない状態です。もしお財布に余裕があれば、近くのホテルを予約しておくのが良いでしょう。

穴場スポット

穴場スポットは、霞ヶ浦周辺の公園から見る花火です。水平線まで広がる霞ヶ浦と花火がとても綺麗で感動しますよ!こちらは打ち上げ会場とは違い、人も少ないのでオススメです。ただし暗くてあまり街灯もないので、車で行くか大勢で行く方が良いでしょう。

秋の夜空に打ち上げられる大きな花火たちは、とても美しく日頃のストレスも癒されることでしょう。ぜひ1度行ってみてはいかがでしょうか。全マス(6人まで入場可)21000円、半マス(3人まで入場可)10500円です。なお申し込みには土浦市の水郷体育館まで行く必要があります。

河川敷もきれい

次に大会前日の12時に一般観覧席が解放されます。こちらは早い者勝ちですから、がんばって席を取りましょう!もし席が取れなくても、花火が始まってから河川に沿ってお店がたくさん出ますので、いろいろ食べ歩きしながら歩くのも良いでしょう。

混雑時間

花火大会当日の午後すぐに混み始めます。
行くのなら午前中に到着した方が良いでしょう。
大会が終わった後の土浦駅は、想像を絶するほど混みます。駅に入場制限がかかり、簡単に入れない状態です。もしお財布に余裕があれば、近くのホテルを予約しておくのが良いでしょう。

穴場スポット

穴場スポットは、霞ヶ浦周辺の公園から見る花火です。水平線まで広がる霞ヶ浦と花火がとても綺麗で感動しますよ!こちらは打ち上げ会場とは違い、人も少ないのでオススメです。ただし暗くてあまり街灯もないので、車で行くか大勢で行く方が良いでしょう。

秋の夜空に打ち上げられる大きな花火たちは、とても美しく日頃のストレスも癒されることでしょう。ぜひ1度行ってみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます