日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キャンプ時の服装 〜男性編〜

夏のキャンプは釣りをしたり、山に登ったりとイベントがたくさんあります。
初めてキャンプに行く人は、どんな服装をすればいいのか不安ですよね?
失敗しないために気をつけるポイントを覚えておきましょう。

涼しい服装の注意点

夏場のキャンプはとても暑いです。
しかし服装は涼しければそれでいい、という考えは禁物です!
よく見かけるTシャツと短パン姿はトラブルの原因になります。

まず、肌を露出するのはキャンプでは避けるべきです。
虫刺されや、草や木による怪我、日焼けなど色々な問題があります。
通気性のよい長袖と長ズボンを着て行きましょう。

持って行く服装の注意点

昼間は暑くても、夜は急激に冷え込みます。
必ず、暖かい服も持っていくようにしましょう。
雨が降ったりすることも考慮して、防水素材の服装が好ましいです。

サンダルの注意点

キャンプ場の傍に川や湖があると、入ってみたくなりますよね?
そんな時に、便利だと言ってサンダルを履いて行く時の注意点があります。

ビーチサンダルのように、足がむきだしのサンダルは避けましょう。
川原の不安定な足場で転倒してしまったり、脱げたサンダルが流されてしまいます。

おすすめなのが、クロックスです。
しっかり足の甲をカバーしてくれるので安心です。
ストラップが付いているので、脱げないのもメリットです。

小物の注意点

日差しが強いので、帽子を被ったり、サングラスをかけていくのもいいでしょう。
しかしキャンプ場は、都会と違って風を遮るものがありません。
普段の感覚でいると、飛んでいったり、流されたりと紛失してしまう恐れがあります。
必ず紐や、ストラップをつけてどこかへ行ってしまわないようにしましょう!

まとめ

ささいなことでも注意しないと危険な目にあうのがキャンプです。楽しむためにも上に書いたことをチェックしてくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます