日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会では新入社員がお酌をするもの?

先輩や上司は、新入社員の人となりに興味を持っていて、それを知りたいと思っています。ですから、歓迎会ではあまり自分を飾らずに、素直でありのままの自分を出すようにしましょう。

新入社員にとって歓迎会で大切なこと

まず第一に、新入社員はこれからいろいろなことを教えてもらって指導してもらう立場にあることを理解しましょう。謙虚なマナーを忘れずに、そして周囲、とくに上司や先輩には気をつかいましょう。自分たちのために開いてくれた歓迎会であるので、やはり気をつかうことは必要です。お客さん然として、なにもしないで座り続けておしゃべりしかしない人は、気が利かない人と思われがちです。すすんで細かい気遣いができる人は、上司や先輩からも好かれます。ただし、その気遣いは、適度なものに抑えた方が無難でしょう。

お酌と新入社員

歓迎会での新入社員は、一度くらいは自分の席を立ってお酌にまわったほうが良いようです。ただしそのときは、お酌される側の役職の序列に気をつけないといけません。基本は、お酌の上手さや宴会などでの器用さよりも、毎日の仕事が上手く出来るかどうかですから、臨機応変に対応することも必要です。お酌をするときは、いかにも慣れているような態度を出さない事です。

おわりに

ほどほどに気をつかいながら、ほかの人たちと楽しくお付き合いするマナーが、歓迎会での新入社員には必要でもあります。なぜなら、歓迎会の目的は明日からの業務のための円滑な人間関係をはぐくむためのものだからです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます