日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

浜松町駅から納涼船へのアクセス方法

梅雨が明けると、一気に夏が押し寄せてきますね。どこにいてもじんわり汗がにじんできて、風に当たってもなんだか暖かい風。エアコンもエコ設定なのでいまいち涼しく感じない。
そんな時は思い切って外に出ませんか?いいところがあるんです。
川面を吹く風に吹かれながら、都会のヒートアイランドがうそのようなスポットが納涼船です。

金杉橋手前

JR浜松町駅から金杉橋口を出ます。首都高2号線をめがけて徒歩2分ほど進んでいくと、川が見えてきます。
その川に沿って3件の舟屋さんがあります。
〇網定さん 〇はしやさん 〇竹内さん

金杉橋向こう

JR浜松駅から同じく金杉橋口を出て首都高2号線をめがけ進み、金杉橋を渡ります。
渡って左に曲がるとこちらも3件の舟屋さんが徒歩2~3分で見えてきます。
〇網長さん 〇辰金さん 〇あみ安さん

まとめ

こちらの船着き場では川を挟んで合計6件の舟屋さんが屋形船を運航しています。
納涼なら夜がオススメですが、運行時間に限りがあるので、一番遅くて8時台の乗船になります。
どちらもJR浜松町に近いですが舟屋さんによって隅田川をさかのぼったり、夜景を中心に海の風に吹かれたりとコースが分かれています。また納涼におすすめのスポットが違うので、一緒に行く方たちと相談してもいいかもしれませんね。
美味しい食事に舌鼓を打ちながら、江戸時代には多くの大名や貴族も楽しんだ舟遊び。
そんな歴史ある風情を感じながら、東京の景色もおつなものですよ。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます