日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

幹事必見!同窓会の案内状例文のコツ

何年か何十年かに一度行われる同窓会には、ぜひ恩師の先生を呼びたいものですよね。恩師の先生のご都合などもありますから、先生を呼びたいときは早めに準備をするのが良いでしょう。今回は、同窓会の案内状の例文をご紹介します。

日程の調整も考える

同窓会の幹事を引き受けたなら、同級生のみなさんに案内状を出さなければなりません。フェイスブックやラインなどのSNSを駆使しても良いですが、つながらない人もなかにはいます。そういった場合は、卒業アルバムなどの連絡先名簿を見て、電話をして現在の住所を聞きましょう。

案内状に入れるもの

案内状は、遠方から来る人のことも考えて早めに出しましょう。日時と場所、会費、連絡先など詳細を書かなければなりません。必要があれば、会場となる場所の地図を入れることも考えましょう。近くの駐車場への案内文も忘れずに書くと良いでしょう。

恩師の先生への案内状

恩師の先生を同窓会に呼びたい場合、日程をまずうかがいましょう。案内状の前に招待状というハガキやお手紙を出すことになります。たとえば時候のあいさつなどをしてから「さて、突然ではございますが、わたしたち○○学校○年○組○年度卒業生でクラス会を開催することとなりました。」などと書きます。またそのさいには先生のご都合についても触れましょう。

まとめ

恩師の先生を同窓会に呼ぶとなると、失礼に当たらないようにすることが大切です。いつまで経っても、先生は先生です。雰囲気の良い案内状ができると良いですよね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます