日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

越谷市のイチゴ狩り・食べ放題スポット

瑞々しいイチゴを自分の手で摘み取り、思う存分楽しめるイチゴ狩り。今回は、埼玉県越谷市にオープンしたばかりの『越谷いちごタウン』を中心にご紹介します。

越谷の新名物

ネギやくわいなどの特産品で有名な埼玉県越谷市が、最近イチゴの生産に力を入れていることをご存知ですか? 「都市型農業経営者育成支援事業」としてイチゴ観光農園経営者になるため、越谷市農業技術センターで2年間の研修を受けられるのです。
越谷市では近年、毎年新しいイチゴ農家がオープン。美味しいイチゴを市内のあちこちで楽しめます。

越谷いちごタウンオープン!

2015年1月4日、越谷市に首都圏最大級のイチゴ狩り農園、『越谷いちごタウン』がオープンしました。新たな観光資源として市が整備した約1ヘクタールの広大な敷地に、8棟のイチゴハウス、約64000株のイチゴを栽培。市内のイチゴ生産者4軒が借り受け、越谷いちご団地生産組合として共同運営します。

期間は6月上旬まで。4月上旬までは大人2100円小人1200円、それ以後は大人1600円小人1000円で何と一時間の食べ放題です。他ではなかなかお目にかかれない、桃のような味わいの『彩のかおり』をはじめ、紅ほっぺ・章姫・とちおとめなどが食べ比べできますよ。

イチゴの生り具合によっては臨時休園や、食べられない品種がある場合もあるので気を付けましょう。開園時間は10:00から15:00ですが、これも状況によっては10:30くらいで閉園してしまう日もあるそうなので、朝早くから出かけましょう。

アクセスは、越谷駅東口より増林地区センター行きバス・終点下車、徒歩5分。もしくは越谷レイクタウン駅からタローズ本社前行バス・森西川下車、徒歩13分となっています。

たくさんのイチゴ農園

越谷市には他にもたくさんのイチゴ農園が広がっています。ネットでも閲覧できるこしがや観光農園マップ(2015年版)には、いちごタウンを含め、多品種栽培でバリアフリーの『いちご工房木村屋』(要予約)、ジェラートやジャムも販売している『ストロベリーガーデンおぎしま』、ポニーやウサギにも会える『やまちゃんファームいちご畑』など、9軒のイチゴ狩り農園が掲載されています。

まとめ

市を挙げてイチゴ生産者を育成し、イチゴ狩りの一大スポットとなりつつある、越谷市。越谷の甘くて美味しいイチゴを、是非味わってみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます