日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大曲花火大会の有料席と穴場鑑賞スポット

秋田県大仙市で行われる大曲の花火大会は、毎年8月の第4土曜日に行われます。
100年以上続く伝統的な花火大会で、全国から一流花火師が集まり技を競います。
1500発以上の花火が打ち上げられる大迫力の会場提供花火は一見の価値があります。
80万人以上の見物客が訪れ大混雑しますので、あらかじめ有料席の予約方法や穴場の鑑賞スポットは押さえておきましょう。

有料席について

個人用に有料の桟敷席が設けられていて、人数に応じて3種類あります。
詳しい内容は以下のとおりです。
・定員6名A席  23000円
・定員5名C席  15000円
・ペア席2名P席  8000円
価格は年度によって変わる可能性があります。

予約方法は3種類あり、はがき、インターネット 大曲市民会館での販売となります。
どれも抽選販売となっていること、予約方法によって受付期間が異なることに注意してください。
毎年6月ごろから予約がスタートするので、大会ホームページでチェックしましょう。

穴場鑑賞スポット

車で会場に行かれる方におすすめの穴場スポットをご紹介します。
・テント設営可駐車場
駐車場にテントを張って花火を見ることができます。
予約制と予約なしの駐車場がありますので、大会ホームページで確認しましょう。
・姫神公園
大仙市を一望できる、高台の公園は花火も綺麗に見ることができます。
トイレ完備の公園なので安心ですね。
・大曲ファミリーキャンプ場
会場から遠いので見えるのは打ち上げ花火だけですが、混雑知らずで楽しめます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます