日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キッチンを大掃除10ポイント!

大掃除で頭を悩ますのがキッチンです。物がいっぱいの食器棚や、なかなか落ちない換気扇の油汚れ。キッチンは狭い空間だけど、掃除しなくてはいけない場所がたくさんあります。
計画的に大掃除を終えるための、10のポイントを提案します。

食器棚

食器を全て出して、水拭きをします。その時に、使っていない食器や欠けてしまっている皿は処分しましょう。
プラスチック製のカトラリー入れも洗います。乾いたら食器を戻しましょう。

照明

キッチンの照明には油汚れでべたついていることが。重曹液や洗剤をつけた雑巾で拭きましょう。

家電

炊飯器や電子レンジの上などは普段からほこりのたまりやすい場所です。ほこりを払って水拭きをします。中は取扱い説明書にしたがって、お手入れをしましょう。

食品庫

引き出しやパントリーからは、使い忘れている乾物や、子どもが残したお菓子などが出てくることがあります。全て出して、賞味期限の切れたものや使わないものは捨てましょう。水拭きをして、乾いてから、必要なものを戻します。

食器洗い乾燥機

中に洗いかすが残っていないかチェックしながら、水拭きをします。据え置き型は、調理中の油や調味料が飛んでいることもあるので、周りも拭きましょう。

ゴミ箱

普段は水拭きだけしかしないゴミ箱も、年に1回くらいは洗うようにしましょう。できれば天日干しで殺菌します。

油や調味料などで汚れています。台所洗剤や重曹液を含ませた雑巾で拭きましょう。

普段は目に入らない、高いところも汚れています。クイックルワイパーなどを使えば、高い場所でも楽に掃除ができます。

ガスレンジ

毎日の調理で、頑固な汚れがたくさんついたガスレンジはメラニンスポンジを使って、汚れをこすり落としましょう。

換気扇

しっかりしたビニール袋に洗剤溶液を入れ、換気扇の各パーツをしばらく漬けておきます。汚れが浮き上がったらこすり洗いをします。

まとめ

これでキッチンの大掃除は終わりです。きれいなキッチンで新年を迎えましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます