日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

愛知川花火大会―アクセスと駐車場情報

毎年、滋賀県中央部の愛荘町で開催されている愛知川で開催されている花火大会『愛知川祇園納涼祭花火大会』。明治初期に祇園神社の祭礼として始められたのがきっかけで開催回数は130回以上にも及びます。
今回は、そんな『愛知川祇園納涼祭花火大会』を初めて行く人でも安心して行けるように交通アクセスと駐車場の情報をまとめてみました。

交通アクセス

どこに行くにしても、車で通うか電車で通うかで悩む事もあるでしょう。『愛知川祇園納涼祭花火大会』に車でアクセスする際には、大阪から名神高速八日市ICから国道8号線で約20分、名古屋から名神高速彦根ICから国道8号線で約30分となっています。若干ですが、大阪の人の方が早くアクセスはできます。
また、電車でアクセスする際には能登川駅下車バスで約15分、彦根駅下車近江鉄道に乗り換え約15分で通うことができます。時間という点だけで考えれば、電車の方が利便性はあるので、車の渋滞、駐車場の確保も考慮した場合は電車の方が無難です。

駐車場

毎年、7月中旬を目処に『愛知川祇園納涼祭花火大会』は開催されており、神々への感謝の気持ちを込めた3500発の打ち上げ花火を一目拝もうと多くの人で賑わいます。その数、4万人にも及ぶとされていますので混雑が予想されます。
駐車場は、おおよそ1000台を収容できるキャパシティがありますが、毎年約4万人の人が参加しているのならば当然少なからず車通いの人もいるでしょう。
混雑を避けたい、確実性を以って駐車場に車を停めたいと考えている場合は公共交通機関の利用が望ましいと言えます。ちなみに『愛知川祇園納涼祭花火大会』の駐車場の場合、駐車場代が500円均一なので低コストで済むというメリットはあります。

いかがだったでしょうか?どこの花火大会に行っても、混雑は付き物なので、混雑を考慮した上で楽しい花火大会を過ごしてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます