日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【同窓会】 名簿作りに役立つシンプルなテンプレート作り方

同窓会の幹事に決まったなら、案内状を出したり、後日写真や動画などを送るさいに、名簿を作成しておくと何かと便利です。今回は、同窓会の名簿のシンプルなテンプレートをご紹介します。

卒業アルバムから

幹事の最初の仕事は、自分の卒業のときのアルバムを探すことです。卒業アルバムを探したならば、奥付などに書かれている卒業生の名簿をコピーなどして、チェックを入れられるように、別の用紙にプリントしておきます。そうすれば卒業アルバムを汚すことなく、同級生の出欠などの簡単な記入ができるからです。

案内状を出すための名簿作成

案内状は、同窓会の開催日時や場所、地図、駐車場の有無、出欠を返信してもらうために、往復ハガキやSNSサービスを利用してメールなどを使うと良いでしょう。案内状の作成は、当日の参加者の人数を把握するために有意義です。しかしそのさいには名簿を作らなくてはなりません。

シンプルな名簿の作り方

卒業アルバムなどを基本として、業者に依頼することもできますが、現代では自宅のパソコンでワードやエクセルなどを使用して、簡単な名簿を作成することができます。案内状の送付や、プリントアウト、出欠席などを把握するのには、エクセルでのシンプルなテンプレートを作って、備考欄を設けて作成をすることをオススメします。

まとめ

クラス会とは異なり、同窓会は1学年全員に案内状を送付することになりますので、幹事のそういった仕事を2人くらいに手伝ってもらうこともできます。自分の仕事に熱中できるほか、人に頼むことで、時間に猶予が生まれるからです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます