日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会幹事のコツ 失敗しない乾杯の言葉

新年度の始まり。
何かと多忙な時期でもあるのですが、この時期行われる歓迎会の幹事になると、あれこれと手配をしたり、段取りを決めたりと尚更、大忙しですね。
そんな幹事さんのために、今回は、乾杯時の失敗しない挨拶についてご紹介いたします。

乾杯時の挨拶は短めに

乾杯の前は、皆さん、暗黙の了解で基本は飲食をしません。乾杯の挨拶が長すぎても場はしらけてしまいますし、目の前のお料理やお酒を楽しみにしている人もたくさんいます。
乾杯の挨拶は、短めにすませるよう心がけましょう。
少し短すぎたかなというくらいがちょうどいいかもしれません。

歓迎される方への思いやりを忘れずに

歓迎会の主役はあくまでも歓迎される人です。その方々への配慮や思いやりを忘れずに、挨拶の際は、一言、歓迎の言葉もいっしょにのべてあげましょう。
「〇〇さん!〜会社〜部へようこそ!これからは、遠慮せずわからないことはどんどん聞いてくださいね!」
や、移動されてきた方が上司だった場合などは、
「〇〇部長!これからは、公私ともにお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。」など、乾杯の挨拶の前には、必ず歓迎者への一言を加えましょう。

乾杯の挨拶

新入社員のみなさん、入社おめでとうございます。(または、ちょっとしたねぎらいの言葉)
〜部の〇〇と申します。よろしくお願いします。(幹事の自己紹介)
それでは乾杯の音頭を取らせて頂きますので、皆様ご唱和をお願いします。
平成〇年度新入社員の皆さんのご活躍と、〇〇会社の更なる発展を祈念致しまして、乾杯!
と、このようにまとめるとすっきりとして、きれいな挨拶になりますね。
ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます