日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

福岡で屋形船を楽しむ

水面から夜景を眺めながら、おいしい料理に舌鼓を打つ。そんな粋で優雅な気分が味わえる屋形船。お花見、花火大会、お月見等など、季節を感じながら楽しむもよし、仲間同士で、いつもと趣向を変えて盛り上がるもよし、いろんな楽しみ方ができるのも屋形船の魅力です。

福岡エリア

福岡・博多地区で唯一の屋形船が「中洲はかた舟」さんです。中洲の繁華街を眺めながらおいしい料理がいただけます。
那珂川を2時間かけてゆっくり回りますので、ほとんど揺れることもなく、船酔いが心配な方にも安心です。
和船タイプの「はかた舟」と洋船タイプの「ラ・ベル・エポック」の2種類があり、はかた舟はお座敷に掘りごたつ、ラ・ベルエポックはバーカウンター形式となっています。
お料理は、水炊き・もつ鍋・天ぷら・海鮮・ふぐ・地鶏など、様々なコースから選ぶことができ、貸し切りは、はかた舟が30名様から、ラ・ベル・エポックが20名様からで、カラオケも完備されていますので、宴会や結婚式の二次会などでも楽しめます。

筑後エリア

福岡県南部の久留米・筑後・柳川エリアでは、5月中旬から10月中旬まで筑後川の鵜飼を眺めながら、鮎料理を楽しむことができる屋形船があり、筑後川周辺のホテルで手配できます。
また、毎年7月下旬の筑後川花火大会でも屋形船が出ていますので、水上からゆっくり花火を見学することもできます。

北九州エリア

北九州市周辺には、「屋形船」という地名がありますが、料理を食べながらクルージングを楽しむ屋形船は今はありません。しかし、小倉を流れる紫川で「語り部屋形船」というイベントが開催されています。
これは、座敷舟に乗り、紫川にかかる10橋の物語を語り部と呼ばれるキャストが講壇さながらの名調子で面白おかしく紹介してくれます。

少ないながらも、個性溢れる屋形船が揃う福岡で、ちょっと違った旅の思い出を作ってみるのもいいかもしれませんね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

屋形船カテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング