日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

すぐに取り出せる!キャンプ道具収納の秘訣

キャンプ道具は、大型の物から細々した小物まで、結構たくさんありますよね。それを、出し入れしたり、運搬する作業は大変です。ここでは、その作業が如何に簡単にできるかをご紹介いたします。
ここでは、キャンプ道具をすぐに取り出せる方法(車の場合)を書きました。

平らに隙間なく積み込む

キャンプに出掛ける時、いざ車に積み込むには到着して取り出す時の事を考えなけらばなりません。
では、何から積み込んだらよいのでしょうか。
まず、基本的には平らに隙間なく積み込むことを考えましょう。これは、取り出しやすさはもちろんの事、道具の損傷や車の運転を考えての事です。
・一番下にはブルーシートを敷きます。ブルーシートは使用後の道具で車が汚れるのを防げますし、キャンプ場で突然の雨に備えられるのであると便利です。
・ブルーシートの次に硬い物や重たい物ですが、硬いものでも軽いものは上に置きます。
・ランタンのようにガラスなど割れやすい物を端に置くのは避けましょう。ガラスが割れたり道具が損傷する恐れがあります。
・キッチン用品は、細々したものが多いので、コンテナのような収納ボックスに一括して入れましょう。
・シュラフやマットはパッキンのつもりで道具と道具の間に押し込みます。
・最後はクーラーボックスです。道中で食材や飲み物など買い物をする場合を考えてすぐに入れられるように最後に積み込みます。

まとめ

キッチン用品のように細々した物やバラバラになりやすい道具は、積み込む前に一括にまとめておくと便利ですし、積み込み・取り出し・運搬が楽になります。シュラフやマット、防寒服など柔らかい物で隙間を無く事で、道具の損傷が防げますし、収納もスッキリ・しっかりできます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます