日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【同窓会】挨拶を依頼するためのメールテンプレート

同窓会では、主に幹事が司会進行を行うのが通常ですが、ところどころで挨拶をしなければなりませんよね。その挨拶をどなたかに頼むこともあります。今回は、同窓会の挨拶を依頼するためのメールテンプレートをご紹介します。

同窓会の流れ

同窓会はいわば飲み会のような流れで行われています。まず、開会宣言をするために挨拶が必要ですよね。その次に一言挨拶、乾杯の挨拶が終わってから、食事や談話の最中はみなさんが近況を語り合ったり余興やゲームをすることもあります。それから締めの挨拶をして、万歳三唱などをしたあとに、閉会宣言をします。このように幹事は挨拶をする場面が沢山あります。

メールを出すときの注意点

このように、幹事は挨拶をする回数が多いので、どなたかに1回は挨拶を依頼してみるのも良いでしょう。そのさいには、遠方の方などにはメールで依頼したり、先生にもメールを使うこともあるでしょう。大人の社会ではメールでも、情報の伝達や意思疎通を図らなければなりません。失礼に当たらないように気をつけましょう。

先生に依頼するメールテンプレート

先生にメールで依頼するときは自己紹介と時候の挨拶のあと、たとえば「御出席されるというお返事をありがとうございます。重ねてお願いをして申し訳ありませんが、当日は先生からお言葉をいただきたく思っております。恐れ入りますがよろしくお願い致します。」などと書くことができます。

まとめ

メールで挨拶を依頼するときは、何か向こうから問い合わせがあれば、できるだけ早めに返しましょう。頼まれた相手も慣れていないことだったとしたら、挨拶の文章に困るからです。必要があれば一緒に考えてあげることもできますよね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます