日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

会議室の上座の位置 〜円卓編〜

会議室の上座、下座は誰もが気にする部分ではありますが、会議室が円卓だったらどうしますか!?いざ会議の時に困ることのないように、会議室の机が円卓だった場合の上座について、把握しておきましょう!

上座(かみざ)とは?

日本においては部屋の中で座る場所のルールが守られてきました。上座とは読んで字のごとく一番身分の「上」の人が「座」る場所ということです。元々は公家や武士の世界の格式序列を目に見える形で重んじたという歴史的背景から来ているようですが目上の人や年長者、来客に敬意を表し、もてなすという精神は現代に引き継がれています。そういうところからも上座は部屋の中で一番いい席が与えられます。上座に対し下座(しもざ)という言い方をします。j

会議室の上座

会議室においても上座と下座があります。席次や席順には守るべき決まり事が存在していて、社会人としての常識をわきまえるという意味からも目上の人や年長者に対し失礼がないように心がけたいものです。そうは言っても会議室は会議のための部屋なのでどちらかというと殺風景な場合が多いですね。一番いい場所、と言われてもどこでも同じようなもの、判断に困ります。そんな時には 基本的に部屋の上座は「出入り口から一番遠い席」という大原則がある事を知っていれば大丈夫。

円卓の場合は?

円卓の場合でもこの大原則をあてはめれば、出入り口から一番遠い席が上座になることは明白。

出入り口が二カ所ある時は?

部屋の出入り口から一番遠い方席が上座ですが出入り口が二カ所以上ある場合はどうなるのでしょう。
その場合は通常使う出入り口から遠い席を上座にします。出入り口に近いと人の出入りでせわしないのと、かつては賊の侵入から貴人を守る意味合いから出入り口に遠い席を上座にするという意味合いもあったようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます