日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス初心者への指導のコツ

ボールを打つ楽しさから教えましょう

ある程度テニスが上達し、今まで教わっていた立場から教える立場になることは、サークルや部活動ではよくあることです。
そこで思い出して欲しいのは、自分が初心者だったころの気持ちです。最初の頃は、ボールをコントロールするどころか、スイートスポットに当てることさえ難しかったはずです。そして、始めてスイートスポットでボール捉えたときの快感を覚えているはずです。初心者を指導するときは、自分も初心者の気持ちに戻って、まずボールを打つ楽しさから教えましょう。

褒めて伸ばす

テニスの指導をするときは、どうしても出来ない部分に目が行ってしまうのは、仕方がないことですが。毎回のように「グリップが違う!」とか「振り遅れてる!」とか、注意ばかりされていたら、その人はどう思うでしょうか?テニスが嫌いになってしまわないか心配です。
そうならないために「~してみよう!」という提案型の指導を心がけてみましょう。先ほどの例に習って言い換えれば「もう少しグリップを集めに握ってみて!」、「1拍待てるくらいラケットを先に引いておいて!」というふうにしてはどうでしょう。
そして、上手くできてもできなくても、良い所を探して褒めてあげてください。なんでもいいです。ボールと距離はぴったりだったとか、スイングのタイミングはOKとか、フットワークが良かったとか、探せばいくらでも見つかるはずです。

集中力を引き出す

人は出来ないことを指摘されるとそればかりが気になって、さらに思うように出来なくなる習性があるそうです。たとえば、野球では「高めのボールに手を出すな」と言われれば、高めのボールばかり気になり、集中できないそうです。これを逆に「低目のボール狙え!」という指示に変えると、高めのボールを気にすることなく、低目のボールを打つことに集中できるそうです。
これをテニスに置き換えると「腰の高さでボール打ってみましょう」という単純な指示で、ボールのバウンドを判断して、腰の高さで打てる位置まで自分で動いて打つようになります。これも「腰の高さで打つ」ことに集中しているからできることです。

初心者を指導するときは、テニスが嫌いにならないように、根気よく教えてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます