日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

招待状の書き方 〜ビジネス編〜

招待状の書き方

結婚式の日取りが決まったら、いよいよ招待状の作成です。招待状を送るルールとして、式の2ヶ月前に送ることが大切。それまでに業者さんを探して気に入ったデザインを見つけましょう。

まずは本状の書き方

区切りを意味してしまうので句読点は使わずに半角スペースあるいは改行を活用しましょう。
また、忌み言葉となる漢字を使ってしまうのはNGです。特に”お忙しい”、”重ね重ね”などはよく間違えて使ってしまいがちなので注意しましょう。

次にお式と披露宴の詳細

文面が書けたら式と披露宴の日程の詳細を明記します。
一目で詳細が分かるよう最低限の情報を記しておきましょう。
-式、披露宴の日時
-場所
※式と披露宴が別々の場合はそれぞれの開始時間と場所を明記します。
-その他ゲストに知らせたいこと(会費、ドレスコード、持ち物など)
最後にいつまでにお返事を頂きたいかを記して綴りましょう。式の1ヶ月前くらいにはもらえるようにしたほうがいいでしょう。

最後に招待状に入れるものについて

案内状を用意できたら、封筒に必要なものを全て入れましょう。
具体的には宛名入りの返信ハガキ、会場への案内図などです。
お式での立会人、ご披露宴でのスピーチをお願いしたい方には別に添状を用意しましょう。
封をしたら相手のご住所と宛名を、裏面に自分たちの住所と連名を記入します。
最近は印刷がよく活用されますが、筆ペンでの直筆の方がより丁寧です。
綺麗に宛名を記入する自信がない方は下の動画を参考にしてください。

最後に慶次用の切手を貼って完成です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます